FIT導入

ご無沙汰しました。新年も病状はおかげさまで安定しており、通院は現在2週間に一回となってます。
目のまわりの皮膚に若干GVHDがでていることくらいでしょうか。
食事制限はまだ解除されません。
さて前回報告しましたように プジョーの車検を通すのが困難となり 結局FITを購入しました。
1,3G スマートセレクション ファインスタイル というグレードです。
f0109625_262326.jpg

これは1300CVTのベースグレードにオートAC、スマートキー、ドアミラーウインカー(LED)、HIDを追加した
特別仕様車です。まあついてないのはアルミとナビとオーディオくらいです。
価格は後述するナビやフロアマット含めて諸費用込みで174万円ほどです。(値引前価格)
ちなみにリアのブレーキはドラム、サスは車軸式です。
f0109625_213049.jpg
 
ナビはディラーオプションGathersのバックカメラ付フルセグメモリーナビ(クラリオン製VXM122VF)を装着しました。
Blue toothが使え、付属SDカードにMP3音源を入れられます。
また、CDも走行中にATRAC形式ですがSDに録音できます。
家のPCでSDにダウンロードしておけばケンミンショーとかのTV番組で紹介された店の検索も可能です。
地図画像や案内も一昔前のHDDと遜色ありませんし 実質価格が安ければお勧めです。
値引きは車体の値引き込みですから いくらかは書きませんが
定価は18万で 同クラスのナビが量販店で10万しないくらいですから ナビ単体の値引きとしては
そのあたりが指標でしょうね。
f0109625_285314.jpg






さて、車としてどうかという話ですが
①室内→
収納がやたらあります。リアシート下にも結構モノを入れられるのはびっくりしました。
また、リアの頭上空間が広くて居住性がよいです。
これに匹敵するのは同クラスでは新型ノートとSWIFTくらいかな?
内装はプラスチッキーですが デザイン的にクリーンな道具感を出して、気にならないような処置にしてますね。

②動力性能→
速いわけがありませんが 結構走ります。
20年前の1.6Lのハッチバック車くらいの速さじゃないでしょうかね?体感的に。
これもCVTがトルクのおいしいところを使い切っているからでしょうね。
このクラスは3気筒化が進むのでしょうが この4気筒エンジンはホンダならではの
回転フィールの良さは残っていると思います。
燃費はいまのところ街中で15km/L 高速で20km/Lくらい。
六甲行ったりすると9km/Lくらいになったりします。
③操縦性→
電動パワステでリアリジッドサスながら 悪くありません。
マイナーチェンジで一度見直しされているとの話もききましたが、癖もなく適度に手ごたえも伝えてきます。
高速域のスタビリティーも合格点ではありますが もう少しタイヤが太いほうがいいかな?
(175 65R14 を装着)燃費とのトレードオフだと思いますが。
ブレーキフィールは踏みしろに対しての効きがリニアでなく 要改善。

総じていうと 実用車としては これで充分。街乗りでこれ以上のパフォーマンスは無駄と思わせるほどの出来。
ただ、プジョー307の高速でのスタビリティの高さとコーナリング時の情報の多さを思い出させるのも確かです。
はっきり言って”味”は超薄味です。
ただ,FIT ハイブリッドはちょっとフィーリーング違ってましたし、RSはもっと違うでしょう。
車に趣味性を求めるか どうかで この車の評価だいぶ変わるでしょうね。
[PR]

  by kix1411 | 2013-02-04 03:32 | 自動車全体

<< 今日は通院日 退院御報告 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE