<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

車検だしました。

f0109625_23343053.jpg


車検はクルマを購入した京都のディラーで行いました。
代車はこちらの年式も良くわからないターセル。
このころの国産はみんなそうですが 軽いですよね。全てが。
ボディ剛性感は無きに等しく、ステアリング感覚はブラブラ。でも軽いので加速は良くしますし、燃費も良好。これから乗り換えると307はとても高級車に感じます。(笑)
いまのクルマは軽自動車でもとても剛性感がありますが その代わりに車重が増加しているのでしょうね。
ちょっと考えさせられました。
さて、車検費用は法定費用、リサイクル代16k円を含めて157k円。
主な追加作業内容
・ブレーキオイル交換(部品2k円  工賃6k円)
・ポーレンフィルター(部品3.8k円 工賃2k円)
・ウインカーユニット交換(3回目:特別保障)
・HID  バラスト接点清浄(無料)
・エンジンオイルドレインパッキン3個(600円)
その他  発煙筒交換。
これだけです。走行距離が少ないせいもあるのでしょうが、まだプラグ交換すらしてません。
自分で換えたのはタイヤとバッテリーくらいですね。
このほか  ドアを開けてもルームランプが作動しないというトラブルがありましたが
ASSY交換で6K円かかるということなので  修理見送りました。
HIDは片側が消灯するケースがあって なぜかエンジンオイルを替えてから再発しなくなったので、オルタネーターの問題?とも思ったのですが 接点に怪しいところがあったので清浄したとのこと、様子見ですね。
ウインカーレバーは ステアリングを急に戻すと逆方向に点滅するケースがあったので
クレーム交換となったのですが  今度の対策品はかなり操作感が”硬く”なってますね。
サービスマン曰く”もう大丈夫です”と太鼓判をおしてましたが さてどうやら。
[PR]

  by kix1411 | 2006-12-18 00:09 | プジョー

カーナビの達人

CGの二玄社から刊行されているカーナビの達人、今月号のCGに付録化されてました。
http://www.webcg.net/WEBCG/special/2006/carnavi/index.html
よくあるカーナビのガイド本は単なるカタログ雑誌ですが、これはCG同様のフルテストで 精度の出ないナビは徹底的に酷評している点が特徴です。
現在は位置精度で定評のあるカロッツェリアのナビも 昔は位置精度がとても悪く(私が最初に買ったカロッツェリアのCDナビの位置精度も酷かったです)、この本で”糞ナビ”の烙印を押されたので位置精度の改善に取り組んだそうです。
そういうわけで日本のカーナビの精度向上に寄与した本書も 最近はナビの記事は縮小されて オーディオの記事が大きくとりあげられているなと感じました。
最近のナビは精度面で熟成化されている上に、オーディオとの融合が進んでいるからでしょうが  オーディオは専門誌がありますからねぇ。
独立した専門誌としての意義が薄れてきたのでしょうか。
ちょっと寂しい気がします。
[PR]

  by kix1411 | 2006-12-03 08:44 | 自動車全体

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE